今のがん保険は、比較や他人の意見を利用することができます。

がん保険があると安心して仕事ができる

がん保険は、がんになったときに経済的に支えてくれる頼もしい味方になります。
がんになると長期の休業が必要で、その間の保証が必要です。

最近では、以前のように入院日数に応じて、保険金が支払われるタイプにプラスして、診断されると同時に、まとまった金額が出るタイプが増えてきました。
これは入院日数が短くなり、在宅治療が増えた現在に合った補償内容です。
退院後に、抗がん剤治療を行う場合は通院保障もあります。また、ほかの病気と違うのは、保険適用外の治療があることです。

がん保険では先進医療特約をつけることによって、1000万以上の保障が可能になります。
もしもがん保険に入る場合は、若いときほど保険料が安くなります。
一般の医療保険の保障は、3か月から6か月で終わってしまいます。
しかしがん保険の場合は、治療の間は無制限に出るタイプがあります。
主婦の方に人気があるのは、診断されてまとまって出るタイプです。
これなら、入院に使ってもいいし在宅の治療に使ってもいいし、どちらも自由です。

夫が会社員なら休んでもある程度は休業補償がありますが、自営業の方はないので少し多めに入っておく必要があります。
会社によっては、電話で無料相談を実施しているところもあります。